Kanpo and Esthetic salon

中医美容とは?

中医美容は、中国の伝統医学(中医学)に基づいた美容法です。伝統医学といっても、現代の中医学は西洋医学の考え方も取り入れた中西医結合医学です。つまり、西洋医学の解剖生理学と伝統医学の五臓六腑の働きを組み合わせた考えかたをしています。また、美容面においては、皮膚の西洋医学的生理機能を中医学の陰陽理論*(全ての物質を陰・陽の対極で分類する考え方)・気血水弁証(物質を気・血・水の3物質に分類する治療法)臓腑弁証(肝・心・脾・肺・腎の五臓の働きを分類し治療する)によって治療や予防をしていきます。尚、中医美容周期療法に関しては、特許庁に申請中です。

誠心堂薬局が日本で始めて生理周期によるスキンケア法や美容健康法を提唱しました。中医美容周期療法は、フェイシャルとボディケアに分かれます。

スキンケア法に関しては、書籍等「中医美容ハンドブック(ゴマ書房)、ゆるる(主婦と生活社)など多数」で紹介されています。簡単に言えば、女性の肌状態は女性ホルモンの影響を受けやすくできています。

女性ホルモンには、肌の水分やコラーゲンなどの弾力に関わる物質を増やすエストロゲン(E2)と、皮脂の分泌促進や活性酸素などに関わるプロゲステロン(P)があります。正常な生理周期の方であれば、基礎体温(BBT:睡眠時の安静体温)は2つ(低温期・高温期)に分類されます。

低温期は、生理開始日から約2週間です。その後排卵をして高温期になります。

高温期は、排卵から約2週間です。妊娠をしなければ、その後生理になります。

先ほどの2種類の女性ホルモンは相互に連動したかたちで体内に分泌されています。低温期では、E2(エストロゲン)が優位に分泌しています。また、高温期ではP(プロゲステロン)が優位に分泌しています。ですから、低温期では皮膚の水分が多くなりトラブルの少ない時期となります。

逆に、高温期では油分の多く炎症が起こりやすい時期となります。中医美容周期療法では、このホルモンの分泌の変化に合わせた独自のフェイシャルとボディーケア法を開発しました。

(A)フェイシャルに関して

生理周期で肌の状態が変化する方

大人ニキビ/アトピー肌・敏感肌・混合肌の肌質改善/しみ肌/年齢肌の予防対策

(B)ボディーケアに関して

1. 生理前に体調が悪くなる方

・いらいら・不安・倦怠感・不眠症・過食など自律神経の失調
・顔や足むくみ・肩こり・偏頭痛・便秘・肥満など身体的な不調

2. 生理時に不調を感じる方

・生理痛・月経血の色が黒い、凝血塊がある
・生理不順・不妊症が気になる
・オリモノが多いまたは全くない

3. 老化が気になる方

・しみがどんどん増えてきた・足腰が弱くなった・腰が冷える
・白髪が増えた、目元や顔のシワが気になる
・老化を少しでも遅くしたい

このようなお悩みの方は、是非、中医美容セラピーによるケアをお勧めします。専門のエステティシャン・鍼灸師・薬剤師がサポートいたします。また、さらに専門家のサポートが必要な場合は、医療機関と連携してサポートいたします。

フェイシャルのポイント ボディのポイント

周期療法と爽肌精商品

爽肌精商品は誠心堂オンラインストアで購入できます。