Kanpo and Esthetic salon

中医経絡とは?

経絡とは、気血が流れるルートのことで経脈と絡脈が含まれています。経脈は、体を上下に流れる縦の幹線です。絡脈は、経脈の分枝であり、全身に網の目のように縦横に分布しています。

経絡は、臓腑と四肢、関節を連絡し、身体の上下、内外を貫いて気血を体の隅々まで運搬し体に栄養を与えます。主な経絡は12本あり、その経絡の気が皮膚に分布する区域は、12皮部と呼ばれています。さらに、経絡を電車の線路に例えれば、線路上の駅をツボといいます。

体が健常であれば臓腑の働きも正常であり、経絡を通して、栄養は皮膚までに送られ、肌を支え、さらに、タンオーバーの代謝産物が経絡を通して臓腑まで送られ排泄されます。
逆に、臓腑の働きが乱れると、経絡を通して関連する皮部(肌)にシミ、吹き出物など肌に異常が見られます。

そこで、鍼灸や、マッサージ、アロマーでその臓腑と関係する皮部(肌)やツボを刺激し、その刺激は経絡を伝わって、調子が悪い臓腑の機能を整えることができます。

経絡は臨床においては重要な役割があり、診断面と治療面で利用されています。

皮部分布図